クリニカルラダー レベルII

レベルII / メンバー・サブリーダー

到達目標

受け持ち看護師として自立した実践ができる

看護実践

【定義】 専門的な知識、技術に基づいた個別的な看護の提供

看護管理
  • 看護実践の中で倫理綱領を理解し行動できる
看護課程の展開
  • 標準看護計画に基づき優先度を考慮した計画を立案でき、看護課程が展開できる
知識、技術、記録
  • 記載基準に沿って記録することができる
  • マニュアルに沿って適切な看護ケアを実践・評価できる

専門能力

【定義】 看護の質の向上に向けて人材育成、専門性の強化に取り組む能力

自己教育
  • 日々の看護実践を振り返り、自らの課題をまとめることができる
  • 所属部署で必要な知識を主体的に学習する
他者教育
  • 学生の実習目的・目標・内容を理解している
  • 学生・後輩に対し、マニュアルに沿った指導ができる
看護研究
  • 看護研究メンバーに協力する事ができる

看護管理

【定義】 看護サービス質の向上と組織目標達成の為の行動

リスクマネジメント
医療安全・感染対策
  • マニュアルに沿って行動できる
情報管理
  • 個人情報の保護を理解し、診療情報や記録物を扱える
労務管理
  • 決められた業務の優先度を調整し、時間内に引き継ぐ事ができる
  • 就業規則を守り、必要な諸手続きがとれる
目標管理
  • 病院・看護部の理念、所属部署の目標から、役割を理解し個人目標が立案できる
経営参画
  • コスト意識を持ち、使用材料や物品を効率よく使用する事ができる
組織運営
  • IMS基本理念と基本方針を理解し、理念に沿った行動ができる
  • IMS看護部の概要を理解する
  • 組織の行事に自主的に参加する
  • チームメンバーとしての役割を理解し、責任をもって行動できる

人間総合力

【定義】 組織の中で看護師としてて役割遂行するために必要な能力

構成要素  
対人関係
  • 患者・家族と良好なコミュニケーションができる
セルフコントロール
  • 自分の健康状態に応じて報告・相談ができる
  • 感情コントロールができる
社会性・組織性
  • 組織人としての自覚を持った態度がとれる
専門性
  • 専門職業人として自覚を持ち行動できる

研修計画

①EKG 心電図モニター 正常と異常
②リハビリ 安全な移送と移乗、安楽な体位
③報告・連絡・相談 「ホウレンソウ」の実践
④コミュニケーション 自己理解、職場で必要なコミュニケーションスキル
⑤リーダーシップ 役割理解、チーム活動の充実、スタッフ育成
⑥看護過程の展開 事例検討
⑦周手術期の看護 術前・術中・術後の看護の理解を深める
⑧家族ケア 患者家族の感情を理解する
⑨退院支援 退院調整に必要な知識を深める
⑩訪問看護 訪問看護の業務を理解し、退院調整に活かす
⑪コーチング・ロールモデル コーチング技術
⑫プリセプターシップ 新人教育、OJT
⑬時間管理 仕事のスケジューリング、優先順位、協力姿勢、業務調整
⑭ELNEC-J 包括的な看取りのケア
⑮BLS 救急蘇生

教育システム「クリニカルラダー」 レベルIII

お申し込み・お問い合わせはこちら
  • 説明会・見学会カレンダー
  • 資料請求

ご連絡お待ちしています!!

047-395-1151(代表)